美容整形でなりたい自分に|憧れの顔や体型になれる方法

先生

種類と注意点

整形

美容整形という言葉を聞いてどのようなものを思い浮かべるかは、人によってさまざまです。ある人は、顔の手術を思い浮かべる人がいるでしょう。目や鼻の美容整形が、実際に非常に多く行われています。他にも脱毛関連を思い浮かべる人がいるでしょう。デリケートゾーンの永久脱毛は典型的な例ですが、男性も女性も肌の露出が激しくなる夏に向けて手術を受ける人が多い傾向にあります。さらに、最近の美容ブームからすると、スキンケアが頭に浮かぶ人もいるでしょう。スキンケアというのは、肌の手入れのことですが、年を重ねるとシワ、シミができやすくなります。そうしたものを取り除くために美容整形を受ける人もいます。若い人でもクレーター状のニキビ跡に悩む人も多いので、その治療として整形手術を受ける人もいます。それではこのように多彩な美容整形はどこで受けることができるのでしょうか。それは、大学病院や総合病院の美容整形科が一般的です。昔はこのような病院では美容整形を受けることはできませんでしたが、年々需要が高まるにつれて人々の意識がどんどん変わっていきました。そのため、今ではこのような病院で気軽に受けることができるようになっています。

美容整形を受ける際に、注意すべき点があります。それは保険についてです。実は美容整形は健康保険の適用が効きません。美容整形は事故などで怪我を負った場合と異なって、診療の必要性はありません。怪我であれば、治療しなければ身体に大きな影響を与えてしまいます。そのため、治療には必然性があるので、事故などで負った怪我の場合は、健康保険の適用が効きます。しかしながら、美容整形にはその必然性がないのです。そのため、あくまでも自由診療としてのみ、美容整形を受けることになりますので、健康保険の適用が効かないというわけです。そのため、費用は全額自己負担になります。もちろん、美容整形を受けることに必然性や客観性がある場合は、その旨を提示すれば、健康保険の適用が効く可能性はあります。たとえば、事故で乳房を失った場合です。その場合は怪我の治療費とともに美容整形の費用も保険が適用されるケースがあります。保険が適応かどうかは、受付窓口のスタッフに確認するとよいでしょう。スタッフが分かりやすく丁寧に教えてくれるはずです。費用の支払い方法はクリニックによって異なります。クレジットカードが使用できるかどうかも事前に確認していたほうが安心です。中には、金払いのみというクリニックもあるので注意しましょう。