美容整形でなりたい自分に|憧れの顔や体型になれる方法

先生

綺麗になるために

コンプレックスをなくす

女性

美容整形という言葉は、現代になって敬遠されるということが少なくなりました。それは、雑誌や電車の吊り広告などにおいて、大々的に宣伝されていることや、テレビ番組で美容整形によって美しく変身するという趣旨の番組が映し出されているからだと言えます。一昔前であれば美容整形をするということも、その話題ですらタブーといっても過言ではありませんでしたが、その感覚が今では違ってきているのです。韓国などであれば少し前からでも美容整形は広く知らされてきました。韓国でいえば、美容整形をしているということも隠しておらず、日本よりもさらに大々的に広告などで宣伝されています。これは文化の違いもあるのでしょうが、整形をしていなくて美しくないのであれば、整形してでも美しくなる方が良いという考えがあります。成人式や誕生日のプレゼントに美容整形をプレゼントするという、日本では信じられない話もあります。それほど、韓国の中では美容整形について認知され、それをしたいと思う人が多いのです。女性の方が男性よりも、美容整形をする人はぐっと多くなります。それは自分自身の経験から、メイクやヘアなどによって美しさに歴然とした差が出ることを知っているからです。

整形の種類と方法は

美容整形の種類には様々なものがあります。特に、目の整形については他の部位と比べて施術する人が大変多く、その金額も低価格になってきました。目の整形とは具体的に、ぱっちりとした目にするために二重にしたり、目の幅を大きくしたりすることです。女性の中では、メイクによって二重にしたり、目の幅を大きくさせたりするものもあります。つまり、そのメイクをしていくことによってより一層大きな目への憧れが強まるのです。メイクの延長線上に美容整形があるといっても過言ではありません。二重にする整形は代表的に二種類の方法があります。二重埋没法と二重切開法です。これはどこが違うかというと、目にメスをいれないかいれるかの違いです。埋没法は糸を通すことによって自然な二重を作ることができますが、その分二重が取れやすいという点に注意が必要です。しかし逆に言えば何回でも好きな形に変えることができます。切開法では目にメスをいれるため、半永久的にその二重はとれません。しかしメスをいれるというリスクを伴うことから、子供や若い女性には不向きだと言えます。どちらも今となっては10万円程度でも施術を行えるようになりました。美容整形は身近なものとなったのです。